【好評にて期間延長】 Canon - EOS M2 キヤノン ミラーレス一眼

【好評にて期間延長】 Canon - EOS M2 キヤノン ミラーレス一眼

【好評にて期間延長】 Canon - EOS M2 キヤノン ミラーレス一眼
【好評にて期間延長】 Canon - EOS M2 キヤノン ミラーレス一眼
6a19f209eec9fcb88035ae2b99f0a4df-3423-mMU
18,000円 30,000円
キヤノン Canon EOS M2の徹底レビュー ローエンド・ミラーレス /monox , キヤノン Canon EOS M2の徹底レビュー ローエンド・ミラーレス /monox , キヤノン Canon EOS M2の徹底レビュー ローエンド・ミラーレス /monox , 【今週発売の注目製品】キヤノンから、エントリー向けミラーレス , キヤノン「EOS M2」長期試用レポート第1回 - 標準ズーム+単焦点レンズ , キヤノン「EOS Kiss M2」コストパフォーマンス良好だが対応レンズ

商品説明

数年前に中古で購入したEOS M2です。
とても気に入っていて、結構使いました。
最近はカバンが小さく、カメラを持ち歩くのがなかなか難しいので出品します。

ダブルレンズセットではありませんが、Canon lens ef-m 22mmの単焦点も一緒です。
それぞれレンズのプロテクター付けてます。

ボディ ホワイト 
グリップの部分に多少の汚れあり
他にもところどころ細かい傷があります。

★マクロ風に撮れるクローズアップレンズもお付けします。
★バッテリー純正1個(持ちはあまり良くないかもしれません。)
★レンズフード
★ケースとストラップはあまり綺麗ではありませんが、よかったらおつけします。
(新品のストラップもあります。)
★単焦点レンズのキャップを紛失したので、代替え品を使っています。

商品情報

カテゴリ スマホ/家電/カメラ
› カメラ
› ミラーレス一眼
ブランド Canon

キヤノン Canon EOS M2の徹底レビュー ローエンド・ミラーレス /monox
キヤノン Canon EOS M2の徹底レビュー ローエンド・ミラーレス /monox
キヤノン Canon EOS M2の徹底レビュー ローエンド・ミラーレス /monox
【今週発売の注目製品】キヤノンから、エントリー向けミラーレス
キヤノン「EOS M2」長期試用レポート第1回 - 標準ズーム+単焦点レンズ
キヤノン「EOS Kiss M2」コストパフォーマンス良好だが対応レンズ

新製品レビュー:キヤノンEOS M2 - デジカメ Watch Watch
キヤノン:ミラーレスカメラ“EOS M2”を発売 「ハイブリッド CMOS AF II
キヤノン Canon EOS M2の徹底レビュー ローエンド・ミラーレス /monox
キヤノン Canon EOS M2の徹底レビュー ローエンド・ミラーレス /monox
【ミラーレスカメラ】CANON キャノンEOS M2ダブルレンズキット
キヤノン Canon EOS M2の徹底レビュー ローエンド・ミラーレス /monox
コスパ抜群のEOS M2は、大きいレンズも似合う高ポテンシャルカメラ
キヤノン Canon EOS M2の徹底レビュー ローエンド・ミラーレス /monox
キヤノン Canon EOS M2の徹底レビュー ローエンド・ミラーレス /monox
キヤノン Canon EOS M2の徹底レビュー ローエンド・ミラーレス /monox
キヤノン Canon EOS M2の徹底レビュー ローエンド・ミラーレス /monox
【今週発売の注目製品】キヤノンから、エントリー向けミラーレス
キヤノン Canon EOS M2の徹底レビュー ローエンド・ミラーレス /monox
新製品レビュー:キヤノンEOS M2 - デジカメ Watch Watch
キヤノン「EOS M2」長期試用レポート第1回 - 標準ズーム+単焦点レンズ
ミラーレスカメラ】EOS M2 機種仕様
キヤノン Canon EOS M2の徹底レビュー ローエンド・ミラーレス /monox
キヤノン「EOS Kiss M2」コストパフォーマンス良好だが対応レンズ
キヤノン Canon EOS M2の徹底レビュー ローエンド・ミラーレス /monox
ミラーレスカメラ】EOS M2 機種仕様

【新品】CT2188L-23 Watch CHRONOTECH Stainless Steel Purple Pink Woman

ULVAC DTU−20用メンテナンスキット  DTU-20 MAINTENANCEKIT 148-6879

10年ぶりに、この本を再度読み、私は、この内容に共感をし、立派な人や、遠い特別な存在になるのではなく、
こんな存在でありたい。そう思ったのを思い出しました。

その本の紹介に書かれていた内容をちょっと紹介します。

・・​・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夢を叶えるゾウ 題名だけ聞くと、絵本か子供向けの本かもしくは小説かというところであろう。しかし本書はビジネス書である。著者がビジネス書と意識して書いているかどうかは別として・・・。ビジネスの基本とは何であろう。営業マンならモノが売れることがビジネスになる。サービスマンなら故障したモノを直してビジネスだ。研究者なら研究して発表することが何らかのビジネスにつながってくる。しかしその前にあるものはまず「人」だ。「人」が何かを望む、それに誠実に応えようとすることがめぐりめぐってビジネスにつながる。「人」対「人」からビジネスが生まれてくる。

   この主人公へ一章毎に課題をだしてケムにまいていくのが、本書の名前になっている「ゾウ(ガネーシャ)」だ。この本の一番の魅力が彼の話術の巧みさだ。超がつくほどあやしげな「ゾウ」で、「だれがこんなやつのことを信じるのだと」と言いたい主人公だが、ガネーシャが繰り出してくる話が今まで変われなかった自分への痛烈な批判だったり、戒めだったりするのだが、それだけではない。松下幸之助やアイザック・ニュートンなどのビジネス界の大物や歴史上の人物の逸話が、まるで近所に住んでいる話好きなおじさんが話す噂話のようにでてくるのだ。そこでは「人」が「人」を理解できて初めてビジネスにつながっていき、彼らがいかに成功していったかという話が語られてゆくのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・​・・・・・・・・・・・・・・・・

 

​と言った内容です。

自分がどうあるべきなのかを追求することの方が、成功への近道なのだと最近、

確信しています。

​(ただ、成功の定義をどこに置いているかは、質を問われますが・・)
精神世界とビジネスを切り離して、人が魂を輝かせて生きることなど、できないと思うのです。

​だから、私は、ここをつなぐことを仕事にしたのだと・・。​

​急にどうしたのかな?でも、私の成長のスパイラルが一つ次の段階に入るのにいることだった

のかもしれません。

 
WALLFOUNDATIONS.ORG RSS